2016年11月28日 (月)

伝説の魔法使いプリキュアに力を借りて神戸マラソンを戦ってきた(第6回神戸マラソン キュアミラクルの孤独な戦い)

どうも、みっちゃんです
今年も「神戸マラソン」の時期がやってまいりました
まだ、3回目なのですがネットではすでに風物詩っぽい扱いになっていて笑いました;:゙;`(゚∀゚)`;:゙
さて、今回は試合前からサンテレビが取材に来る謎の熱の入りよう…周囲の期待?もあり
もう、スタート前から負けられない戦いになって行きましたw

いつも通り始発のバスで会場へ向かい7時過ぎに会場入り…
いつものようにチームのみんなが集まる場所へと向かい今回もプリキュアで行きます報告w
軽く体を動かしトイレへ行ってバタバタと準備して8時ごろには手荷物を預けて整列しに行きました
今回から神戸マラソンでは「シード枠」と言うのが設定されたのですが
(男子上位200位以内、女子上位100位以内)
申し込み時の抽選が無いというだけで、そのほかの特権も特になくみんなと同じ様に整列しなければなりませんでした(´・ω・`)ショボーン
とりあえずスタートまでの1時間は待ちなのですが
今年も去年同様、風も寒さもなくビニールをかぶらなくても問題なく待機できる感じでした
(むしろ湿度が高くてのどが渇きそうな感じ)
8時30分ごろからスタートセレモニーが始まり
いつも通りみんなでセレモニー長いな…と愚痴をこぼしながらスタート時刻を待ちます

セレモニーも滞りなく進み9時ちょうど定刻通り神戸マラソンがスタート!
今回は前の方に陣取ることが出来たのでスタートのロスが7秒程度
しかし、いつもながら前に出るのには一苦労ですw
生田神社一の鳥居あたりで渋滞から抜け出し
地元のランナーさんが引っ張っている2時間30分前後のグループを追いかけます
約1kmぐらいで集団に追いついたのでこのまま集団で30kmぐらいまで…と思っていたのですが
高校時代の先輩に見つかってしまい「ついて来い!」との指令が…(゚ー゚;
しゃーなしで付いて行けるとこまで…とついて行ったのですが2kmぐらいで残念ながら脱落しましたw
Cxqwy1lusaaabsc (twitterより、3kmあたり?新開地付近)
そこから、徐々にペースを落としって後ろの2時間30分前後の集団に吸収されていきました
その集団に付いて後半まで…と思っていたのですが15kmまでついて行ったところで落ちてしまいましたorz
そこからは1人マイペースで走っていたのですが
その集団から落ちた人たちがポツポツと走っていたので
良い目標になったので後半の落ち込みがかなりましで助かりました
それまで、集団で走っていると「これについて行かなくては…」(;`・ω・´)
と言う気持ちが勝って分からなかったのですが
気温はさほど高くはないのですが湿度が高いおかげで
汗はよく掻くのですが汗など水分が乾いてくれないので
それが地味に体力を奪っていくのが大変でした
https://www.youtube.com/watch?v=B_jFgPEOf9E (舞子折り返し1:50あたり)
舞子を折り返し右手に女子の先頭集団を確認しながら
「今年は女子の先頭から逃げ切れるといいな…」と思いながらアウトレット前の道路へ
20km手前でいつも大阪のおばちゃんの仮装をしてるランナーさんの声援を受けつつ
後半へ向けて頑張って行きました
ハーフあたりのエイドで待望の薄皮チョコパンがあったので1個だけ走りながら食べたのですが
甘くておいしいのはうれしかったのですが食べるのが意外と大変(;;;´Д`)
止まって給水と一緒に食べるのならいいかもしれませんが走りながら食べるのは不向きでしたw
塩屋~和田岬までの区間は高校時代の練習コースだったこともあり
気分的に楽にレースを進めることが出来ました
Cxr44qoveaarym7 (twitterより、29kmあたり?駒ヶ林付近)
32kmあたりの中央市場付近では「みゅう」さんと言うお友達のプリキュアさんがキュアマリンに変身して応援に来てくれてました(*゚▽゚)ノ
https://www.youtube.com/watch?v=GhtmxCP_xEw
プリキュアの応援で元気をもらって中央市場を通り過ぎたと思ったら
先頭集団を追いかけてたはずの先輩がなぜか目の前に登場!w
ジョグ状態だったのでシード枠は大丈夫なのか心配でしたがちゃんと200位以内に入っていたので安心しました
Cxq8pt0uqaelkrb (twitterより、34kmあたり?)
ハーバーランドを越えて浜手バイパスを上り35km…と思った時に足が吊り始めるというアクシデントが発生
足を吊りながらもなんとか止まらずに走っていたのですがペースが上がらずにもどかしかったです
40kmまではいろいろあったのですが
40km手前で補給した「パワーバージェル」のおかげか
残り2.195kmは吊ることもなく逆にペースを上げることが出来たおかげで
女子の先頭からも逃げ切ることができ2時間40分も切れました
Cxrdewauqaallvr (twitterより、ラストゴール手前)
ゴールタイムが2時間39分35秒で順位は40位でした

条件から言うと今回は決していい条件ではなかったのですが
いろいろと負けられない条件がそろってしまったのと
今年の東京マラソンがそこそこ走れていたので上手く走れられれば…と言う気持ちもあったのがよかったのだと思います
次のフルマラソンは「熊本城マラソン」なので、この勢いのまま被災地に笑顔を届けられればいいなと思っています

次回以降の予告
12月25日 ヴェロフェスタ2016inモリコロパーク(120分ソロ、キュアフローラ)
2017年
2月19日 熊本城マラソン2017(フルマラソンの部、プリキュアの予定)

2016年11月14日 (月)

伝説の戦士プリキュアに力を借りて3時間エンデューロを頑張ってきた(北播磨サイクルエンデューロ、ロード・ソロ 3時間エンデューロ キュアフローラの孤独な戦い)

どうも、みっちゃんです
今回はソロで3時間エンデューロに参加してきました
ソロでの参加は今回で3回目
1回目 ワールドサイクル&ベックオンフェスタ(1時間エンデューロ)
2回目 サイクルエンデューロin播磨中央公園(2時間エンデューロ)
と、徐々に時間を延ばして行き今回は3時間エンデューロです
前回の2時間エンデューロの時は
前日、富士登山競走だったこともあり後半お腹が減って力が出なかったので今回は一応補給食を持って走りました
家から大会会場が近い事もあり「スタート1時間まえぐらいに行けばいいやと」陸上の大会の感覚でいたらスタートギリギリになったので焦りました
スタート整列開始時刻にぎりぎり間に合いみなさんの驚きをもって迎えられましたw

8:30スタート
出来る限り前の方で行けるトコまで付いて行く…のが理想なんですが
スタートからすでに置いていかれるw
ついて行けないのは仕方がないので
自分がついて行けそうな集団で後方で風を避けつつレースの進め方を学びます
みんなでローテーションしながら体力を温存させつつ
3時間の完走を目指し走っていきました
Cwvv8ecviaawxe2 (twitterより)
1時間半ほど集団で走って行けたのですが
徐々についていけなくなり残り半分はほぼ1人で最後まで走っていました
Cwu9prouqaaahqo (twitterより、役員の方が引いてくれつつ撮影してくれました)
なんだかお腹が空いてきて補給食を使うことに
補給食を使ったのですが2時間半をすぎる頃には
またお腹が空いてきていたので補給食の取り方も考えなければならない事を感じました
最後の方はかなりペースを落としつつ
どうにか3時間を走りきり1周3.3kmを29周することが出来ました

できれば上位で戦えると面白いと思うのですが
今の私の実力ではコレが精一杯なのと3時間を走り抜くだけの力がまだないということが無いというのがわかりました
ただ、力を付けるには練習をこなすのがいいのですが
陸上と自転車とを両立するにはちょっとむずかしいので
出来る限りレースに出場して経験を積む方向で行ければいいなと考えています

次回以降の予定
11月20日 第6回神戸マラソン(フルマラソン、魔法つかいプリキュア(間に合えば))

2016年10月31日 (月)

伝説の戦士プリキュアに力を借りて初開催のサイクルイベントを盛り上げてきた(ファンライド鏡野 キュアフローラの戦い)

どうも、みっちゃんです
今回、自転車仲間のぢろうさん(マルチさん)から
運営に仮装での参加可能か問い合わせしたら「大歓迎ですのでお友達誘ってご参加ください」と連絡があった
との事でみんなで参加してきました
14650717_354947414842096_4866145646 (facebook、ファンライド鏡野より)
大会の2日前に鳥取県中部でj地震があったので急遽コース変更等ありましたが
当日は、小雨が降る場面もありましたがほぼ曇りで運動するには良い気温でした
ちなみにコースはこんな感じ
http://latlonglab.yahoo.co.jp/route/watch?id=00c6ee85f1cc672de42b096d8ccd4d7b
最初のチェックポイントまでは緩やかな上りで
チェックポイントの後は距離4km、高低差300mほどヒルクライム
後は、ほぼ下りで距離も短いこともあり気軽に参加できる大会です

6:30頃に受付に向かい大会のタグとお食事券をもらいました
7:00から開会式があり7:30よりスタート
最初の3kmぐらいまでは道幅が狭いから追い越し禁止との指示があり
先導者に合わせてまったり走っていきます
県道392号に出てから追い越し可で仮装3人組でトレイン組んで走っていきますw
第1エイド手前2kmぐらいから、すこし傾斜がきつくなってきますが
エイドがもうすぐなのであまり気になりませんでした
第1エイドのチェックポイント手前が広場に上がるための激坂で
登った所でチェックポイントだったので後方の集団が到着した時には大渋滞していたので
もうチョット広場の奥でしてあげたほうが良かったと思います
(広場は、そんなに広くはなかったですが…)
Eido (googleマップより、第1エイドの坂)
第1エイドではお菓子や冷凍ぶどうやバナナなどありました
(この日は少し寒かったので冷凍ぶどうは売れ行きが悪かったようです)
各エイドでは、出発時間が設定されており
速く到着しても足止めをされるので
結構のんびりと休憩することが出来ます

第1エイドを出るとすぐに左折してヒルクライム区間に突入
ご丁寧に道路脇に距離表示までありました(登り始めが3.7km)
ヒルクライムはみんなで合わせて行くと大変なので勢いで一気に登って上で待ち合わせします
残り1kmを切ると500m、最後に50mの表示まであり
残り50mのところにはゲートも有り「後、50mかよ…」と嵌められた感じでした
峠の上では下りの集団下山に備えて一旦待、機給水所もありゆっくり待つことも出来ました
この日は、曇で少し肌寒かったので下山区間が少し寒くて辛かったですw
峠を下るとそこは、奥津温泉があり
川の河川敷には足湯があり無料で自由に入ることも出来ます
そして、道の駅も有るので買い物なども可能w
奥津温泉を抜けると国道を走るのですが交通量が多いので歩道を走ります
道中、トンネル箇所が多く有るので、このあたりではライト必須です
(ママチャリのダイナモライトでは暗すぎましたw)
35kmすぎに軽く丘を超え奥津湖湖畔を走って第2チェックポイントに到着
第2エイドは「奥津湖総合案内所みずの郷奥津湖」の駐車場
施設では飲食や物販などもあり退屈はしないと思います
ここでは、ショートコースとの兼ね合いもあり11:00出発
(30分ぐらい休憩できました)
再び奥津湖湖畔に戻り7kmほど走ると「山田養蜂場直営みつばち農園」があります
スタート前に貰ったお食事券に、ここのどら焼きのチケットが有ったのでここでどら焼き休憩
園内をみつばちが飛び回り猫がのんきに日向ぼっこしているのどかな農園でした
残りは7kmぐらい、ここまでくれば後はほぼ平坦なのでまったり走っても完走できます
最後のゴール手前で案内がなかったので道を間違えましたが
それ以外は案内もしっかりしていますし、国道との交差点では警察が立っているところもあったので初めてにしてはかなりしっかりしていました
そして、12時頃にゴール!約5時間ぐらいで走りきることが出来ました

ゴール後は最初に貰ったお食事券で
お昼ごはんには十分なほどの量があり良かったです
(最後には残っていたので配布状態でしたがw)
最終ゴールが14時頃だったのでそれまで物販見たりしてのんびり待機
閉会式の抽選会は残念でしたがとても楽しませていただきました
初開催でこれだけのイベントが開催できれば大したものだと思います
自治体は10回・20回と長く続けていきたいとお話されていたので興味の有る方は参加してみてくださいね(◎´∀`)ノ

次回以降の予定
11月3日 第7回北播磨サイクルエンデューロ(3時間エンデューロ、キュアフローラ)
11月20日 第6回神戸マラソン(フルマラソン、魔法つかいプリキュア(間に合えば))

2016年10月17日 (月)

艦隊これくしょんの艦娘に力を借りて海風の生まれ故郷のマラソン大会を今年も盛り上げてきた!(舞鶴赤れんがハーフマラソン2016 駆逐艦海風の孤独な戦い)

どうも、みっちゃんです
今年も海軍ゆかりの舞鶴で艦隊これくしょんのキャラクターで参加してきました
3回続けると地元でも恒例になってきたらしく地元民の応援が多いです
(その中の一定数に「セーラームーン頑張れ!」と言われますがw)
毎年、この大会のために艦娘の衣装を作っているのですが
今回はスカートのホックを付け忘れると言う痛恨のミス…
とりあえず手元にあった安全ピンで固定して事なきを得ました
そうこうしている間にスタート10分前に…
今回は陸連登録の部と言う事で余裕だと思っていたら
さすがに時間がぎりぎりなのであわてて並びに行ったのですが自己申告タイムでブロックごとに並ぶ方式だったので
残念ながらスタート地点から20mぐらい後ろの所でのスタートとなりましたorz

9:30ハーフの部スタート
スタートした瞬間なかなか進まず
今回ばかりは勝負をあきらめつつ
それでも出来る限りの走りを心がけました
号砲から17秒遅れでようやくスタートラインを通過…したのですが前は大渋滞(゚ー゚;
ほかの選手の隙間を縫うように必死に前を目指しました
オーバーペース覚悟で400mほど行くとようやく先頭集団を視界にとらえられる範囲に
そのままの勢いで後ろから追い上げていき1kmあたりでようやく先頭に追いつくことが出来ました
何とか上手いこと前につくことが出来ましたが
今回から、この大会は「日本陸連公認」の大会になったので
70分を切れば「びわ湖毎日マラソン」や「福岡国際マラソン」等の大会や
77分以内で「別府大分毎日マラソン」、93分以内で「防府読売マラソン」などのメジャー大会への参加資格も得られるので
70分切りを目指して攻めていきました
Cuyri9zuaaahvm (twitterより、1.2kmあたり)
平地はそれほど気にはならなかったのですが
3.5km過ぎからの山で一気に疲れが来ました
金曜の夜と前日に5000mの記録会に出場していたので
その疲れからか山を上るだけのスタミナが無くペース上がらず
いつもより辛い峠越えになりました
峠を越えてからもトンネル内や航空基地内で強い北風が吹き
基地を出て7km過ぎの山の上りで後ろに追いぬかれじわじわと離されて行きました
下り坂に入るとじわじわと差を詰めることが出来たのですが
北吸桟橋を抜けた9km過ぎ、先頭に完全に置いて行かれ
そこからは1人旅…
16kmあたりの折り返しまでは先頭がちらちらと見えていたのですが
折り返してからは完全に前が見えなくなり完全に気持ちが切れてしまいました
折り返して後方集団との距離を確認した時には約400mぐらい…
残りは5kmぐらいですが
自分の体力の残りを考えると安心できる距離ではないので
前を追う気持ちは切れても後ろには絶対抜かれたくない!と言う気持ちで押して行きました
Cuxs_vzuaaa3bkb (twitterより、20kmあたり)
後ろは振り返っていないのでどうだったのか?は分かりませんが
最後まで逃げ切って何とか2位で1時間13分14秒でゴールすることが出来ました
14572771_1113683848709434_522271496 (facebook舞鶴市民新聞より)
Cuyqt4jviaa41p3
先頭との距離はよくわかりませんが
残り500mあたりで係りの人が先頭と1分40秒遅れと無線で言ってたので600mほど遅れていたのかと思いますorz
練習目的でのレースですが競技と言う性質上タイムがすべてなので
ある程度、タイムを出さないといけないのですが
今の自分の実力ではこの程度と言う事なので
そのことはしっかりと受け止め次のレースに向け上を目指していきたいです

次回以降の予定
10月23日 ファンライド鏡野(ロングコース、キュアフローラと思う…)
11月20日 第6回神戸マラソン(魔法使いプリキュア、作成中)

2016年9月25日 (日)

伝説の戦士プリキュアに力を借りて人気のロングライドアワイチに挑戦してきた(2016淡路島ロングライド キュアフローラの戦い)

どうも、みっちゃんです
今回は関西で人気のサイクリングスポット「淡路島」を1周する
「淡路島ロングライド」に自転車仲間と参加してきました
参加費は1万円と少々高いと思われますが
参加費に恥じないほどの充実したエイドステーションの数々
動員されてる警備員・スタッフさんの多さや島民たちの温かい応援など
初参加の私でも存分に楽しむことができました
それはよかったのですが
1週間前ぐらいから台風が多発して開催日当日の天候が不安な状態に(゚ー゚;
最初は14号が不安視されてましたがそれがそれる方向になったと思ったら16号が発生…
その16号が長期予報で大会当日に来そうな予定に(;ω;)
でも16号が予定より遅れてくれたおかげで大会の次の日に来る予定になってました

淡路島ロングライドは前日受付のみなので
自宅でご飯を食べてから淡路島に出発…
の予定だったのですが出発前に車の点検をしてると
車のエアサス用に取り付けてたエアタンクのメーカー製造の脚の部分が折れててぶら下がってる状態でしたw(゚o゚)w
あわてて結束バンドで応急処置…
往復で約80kmなので持つかどうか不安でしたが結果として持ったので助かりました
自宅を出るときは雨が降ったりやんだりだったのですが
会場の国営明石海峡公園行くと雨は降っていなかったのですが風がかなり強い…
明日もこんな風が吹くのかな?と若干不安になりながら受付を済ませ
会場のブースを見て回ったのですが天候が悪い為かあまり盛り上がっておらず
いつ雨が降り出すのかわからなかったので早々に引き揚げ車中泊予定の道の駅に行きました
そのあとは買い物に行ったり車内でゴロゴロしたりして時間をつぶし
夕方ぐらいから雨が降り始め時間がたつにつれて雨脚が強くなるばかり…
夜10時ぐらいには明日に備えて就寝しました

翌朝4:00起床
心配していた雨はポツポツ程度
とりあえず朝ご飯を食べ、給水の準備をして会場へ
Bグループのスタートは6:20~なのでのんびりしててもよかったのですが
Aグループで自転車仲間のマルチさんがスタートするのでAグループのスタート時間の5:45ぐらいに集合場所に向かい応援に行きました
集合場所につくと既にBグループの整列が始まっており13グループの後ろのほうに陣取ることができました
整列してるAグループを見てみるとよく見える位置にマルチさんが…
確か6グループぐらいだったのでかなりの時間差がありましたorz
スタート前の打ち合わせではマルチさんがゆっくりと行くのであとから追いついて来いという指令だったのですが
私自体ロングライドの経験がなくペースが分からない…
同じ時間にスタートした人たちの中で付いて行けそうなペースの人に終始ついて行ってマルチさんに追いつく作戦で行きました
コースはこんな感じ
Map_awaji_l

国営明石海峡国営公園をスタートして一路南へ
朝が早いにもかかわらず沿道には島民の皆さんが応援に出てきてくれるなど
総出で歓迎してくれてるのがうれしかったです
スタートから8kmぐらいで右手には地元で有名な「世界平和大観音像」の姿が…
大きくて有名なのもありますが管理者がおらず廃墟と化して困ってると地域のニュースで取り上げられてるほどでした
Ctbq7sovuaatplg (サイクリングスポーツ公式twitterより、お友達のマルチさんが映りこんでらっしゃるw)
観音像を過ぎると国道28号線は海岸線に出ます
今回はあいにくの曇り空でしたが雲の隙間から朝焼けのオレンジ色が広がっており今日という日の始まりを告げてるようでした
12kmあたりでスタートして初めて登りらしい坂道が出てきました
坂道があると言う事は個々の力の差が出てくるので追い越しなどあったのですが
交通規制がされていない公道なので大会全般で追い越す際にはかなり気を使いました
最初のエイドステーションまで約30km
スタート前はそこまでも大変だな…と思っていましたが
周囲のペースに付いて走っているといつの間にか着いていたという感じでいけました
(時間を気にしていなかったというのもあると思いますが)
第1エイドの洲本ではあまりお腹も空いていなかったですしマルチさんに追いつくのが先だったので水だけ飲んで出発しようとしたら
エイドステーションから出てくるマルチさんの姿が…
到着しているのには気が付いていたらしいのですが個室にこもっていたらしくなかなか声がかけられなかったと言う落ちでしたw
ここで、マルチさんとマルチさんのお友達(ろんぐらいだーすジャージ)キュアフローラと言う何とも言えない3人で回っていきました

洲本のエイドを出発すると
ホテル街を抜け(ここから福良港までコンビニはないので注意)
由良の町を過ぎると(この先灘エイドステーションまで自販機もなし)
このコースで一番の高所、立川の峠を迎えます
この辺りはまだまだ前半戦なのでこの峠は勢いで登っていけます(歩いてる人も少ないですしね)
Map_updownl (コースの高低差はこんな感じ)
峠を越え坂を下りきると海岸線沿いを走る「南淡路水仙郷ライン」を西に向かって走ります
この辺りは路盤がコンクリート敷きのとろこがちょっとしんどいかと思われます
それに加え、この日は台風による強風で仮装していることもあって
なかなか前に進まない…(;;;´Д`)
おもにマルチさんが引っ張ってくれていたので楽できたので助かりました

灘のエイドでは
おしるこやバナナ、グリコのワンセコンドCCDなどありましたが
60kmぐらい走ってきてるのでバナナ1本とワンセコンドCCDを食べて水分も補給して出発
エイドを出てすぐに「灘地野」と言う峠があるのですが
エイドを出てすぐと言う事もあり完全に気が抜けていたので
コース中で一番つらい峠に感じましたw
峠を下ると、そこはのどかな田園風景の中を県道76号→県道25号と走っていき福良港方面へと向かっていきます
途中、福良港の手前に峠があるのですが、その峠を下りきると一気に視界が開け
福良湾が一望できとてもきれいでした
「道の駅福良」の前を通り漁港を抜け再び県道25号へ復帰
この後、道中にコース一番の難所最大傾斜角15%のところがあったようなのですが
いまいち気が付かず橋の下に神戸淡路鳴門自動車道が見えた時に
「ようやく半分が終わった…」とひとまず安心しました
途中、峠越えしたところで参加メンバーのお友達を待ってる最中に
コス参加勢と遭遇、前日twitterのほうで絡みがあったので無事に出会えてよかったです
Csrvowcuaaazkei
ここまで来るとあとは大きな峠もないので気分が楽です(結構足に来てたw)
時間ははっきりと思えていませんがお昼過ぎに慶野松原のエイドに到着

慶野松原ではちょうどお昼時の通過地点と言う事もあり
かなり食べ物が充実してました(そうめん、おにぎり、パン、プリンにヨーグルト、グリコのナンバーバナナなど)
ここでしっかりと食べてエネルギーチャージして残り約50kmに備えます
本来、ここから先は「淡路サンセットライン」を北上する
見晴らしの良い美しいけしが望めるのですが
あいにくの天気と風のおかげで仮装勢にとってはとても大変な道のりとなりました
ここまで、前を引っ張ってくれたマルチさんがお疲れだったので
初心者で引っ張れる自信はなかったのですが後ろが楽に走れるように上体を起こし出来るだけペースを安定させるように心がけました

最後の多賀の浜のエイドでドーナツを食べ一休みしてると雨が(;´Д`A ```
残りは30kmちょっと…雨具を使うかで悩みましたが
雨雲の確認するとそれほどひどいものでもなさそうだったのでそのままで出発
出発後も私が引っ張っていったのですが
途中でマルチさんがおトイレ休憩に行っていたらしく
気が付いた時にはボッチでしたw
とりあえず最後の上り坂を越えてから道路わきで待機
通り過ぎていく人たちに手を振りながら待ちます
合流して残りは約4km公道上を走るので最後の最後まで気を抜かずに走ります
(この辺りまで来ると路肩が広いので走りやすくて助かります)
正確な時間はわかりませんが15時30分ごろにゴール
最後の最後までメンバーにけがやメカトラブル等問題が起こらず楽しめたのでよかったです

次回以降の予定
10月10日 舞鶴赤れんがハーフマラソン(ハーフマラソン公認の部、艦娘、作成中)
10月23日 ファンライド鏡野(ロングコース、キュアフローラ)
11月20日 第6回神戸マラソン(魔法使いプリキュア、作成中)

2016年9月11日 (日)

オタクの自転車レースGSRカップに参加してきた

どうも、みっちゃんです
今回は、第5回GSRカップに参加してきました
大会については前回も参加しているので端折るとして…
(第4回大会のブログ)http://dmcn.cocolog-nifty.com/blog/2016/05/gsr-59b5.html
前回と同じく2時間エンデューロにチームで参加してきました
今回はパドックの場所取りは特に決めてなかったので
前回より遅めに宿を出発したのですがサーキット手前の国道から大渋滞…(;;;´Д`)
何とか会場前まで来れたのですがちょっとしたアクシデントで手間取ってしまいパドックに荷物搬入が終わった時点で試走が終わる直前でした
そこから車検証を提出してあわて着替えてパドックに戻ったのですがほかの人がまだ着替えれていない状況…
とりあえず私が1走目で走ってみんなが準備が終わるまで時間を稼ぐ作戦で出発w
特に周回数は決めずに疲れたら交代という感じで行くことになりました
最初の2周はパレードランでまったり走ってましたが
2周目以降のペースアップに全然ついていけなかったので自分の無力さを実感させられました(´;ω;`)ウウ・・・
Dsc_4027_2 (パーレドラン中)
まあ、エンジョイ勢なのでそこまで本格的やってるわけではないのですが
ちょっとでも長いこと強い人と戦えるともっと楽しくなると思うので
ゆくゆく付いて行けるぐらいの力をつけていければいいなと思います
Dsc_4314
Crev7iavuaa1unk_2 (前には付いて行けないけど後ろにつかれるw)
で、数周回してそろそろ交代…とパドックを見たのですが
まだパドックには誰もいなかったのでそこから2周ほどしてから交代しましたw
Crfy2qpumaajaln (チームメイト応援中)
今回はみんなが多めに走ってくれたので2回走っただけで終わりました
(ただし何周したのか知りませんw)

GSRカップ自体は楽しいのですが開催場所(千葉県)へ行く労力と時間を考えると見合わなく思うので次回の参加は見送りになりそうです
(帰りが18時ごろ千葉出発→次の日3時大阪着)
まあ、関西でも仮装で参加可能なサイクルイベントが徐々に増えてきてるので
自転車で知り合った仲間たちと西日本のサイクルイベントを盛り上げられていければいいなと思っています(o・ω・)ノ))

次回以降の予定
9月19日 2016年淡路島ロングライド150(キュアフローラ)
10月10日 舞鶴赤れんがハーフマラソン(ハーフマラソン公認の部、艦娘、作成中)
10月23日 ファンライド鏡野(ロングコース、キュアフローラ)
11月20日 第6回神戸マラソン


2016年9月 8日 (木)

艦隊これくしょんの艦娘に力を借りて国内ヒルクライムで最高所を目指す大会に参加してきた(全日本マウンテンサイクリングin乗鞍2016 工作艦明石の孤独な戦い)

どうも、みっちゃんです
今回は「国内ヒルクライム大会の中では最高所となるゴール(2,720m)を目指す大会」と言う売り文句?のヒルクライム大会に参加してきました
乗鞍は過去に自転車ツーリングで行って痛い目に合わされたので機会があればリベンジを…と考えていたので出場してきました

受付は前日のみだったので受付時間に間に合うように会場へ向かいます
乗鞍高原は宿以外、何もないところなので道中のコンビニ等で翌日の朝食やドリンク等を買っておかないといけません!
(晩御飯は日帰り温泉施設があるのでそこで食べたのですが量がいまいちでしたorz)
13時過ぎに現地に到着したのですが会場から近い駐車場はほぼ満車…
しかも、案内の看板もないのでどこに駐車場があるのか分からずさまよう始末
迷いに迷ってスキー場駐車場が空いていたのでそこに駐車しました
(でも、駐車場にはライン等引かれていないのでみなさん結構適当に止めてて私の車が出られなくなりそうになりましたw)
そこからは受けうけ済まして会場内をふらふら…
昼食の時間をずらして行ったのですがどこの食堂も満席状態orz
仕方がなく立ち食いで済ませましたが、昼食はどこか別の場所で食べて来たほうがよかったです
そして、駐車場への帰りにお土産物屋さんによって時間をつぶしたのですが車に戻ったのが15時ごろ…
今日は、ここで車中泊の予定なのでやることもなくネットをしながら車の中でゴロゴロして避暑地を満喫?してました
18時ごろに乗鞍の日帰り温泉にお風呂に行ってレストランで食事をして
(車中泊の人が多いのか、温泉もレストランも人が多かった)
車に帰ってプリキュアのBDを見ながら明日の準備をしてから22時ごろに就寝しました

大会当日、午前4時起床
前日から心配されてた雨は何とか止んでいるのですが
いまいちぱっとしない曇り空…
ネットの天気予報で雨雲を確認すると周囲に雨雲は無いようだったので雨の心配はせずに荷物の準備をしました
大会運営が午前6時に集合とアナウンスしていたので
5時半ごろから着替えて自転車の準備をして会場へ
途中、下山時の荷物を預けるのですが、決められた車に自分で載せる方式だったので若干戸惑いつつも荷物を預け
ここから、スタート時間(8:18)までの長い時を会場をぶらぶらしたりボケーっとして時間をつぶしましたw
そして、スタートラインに並ぶ順番が来たのですがママチャリ+仮装と言う事もあり
みんなを見送ってから後ろのほうでスタートしました
今まで参加した赤城、富士などのヒルクライムでは計測地点までのパレードランがあったので
ヒルクライムとはそういうものだと思っていたのでまったりスタートゲートを通過したのですが
なんだかみんなの雰囲気が違う…(゚ー゚;
勝手がわからないのでとりあえずみんなについてペースを上げて行きました
(スタートゲート通過が計測開始だったようです)
グループ自体が最終スタートでみんなを見送ってからのスタートなのでほぼ最後尾から追い上げていきます
コース自体は乗鞍高原観光センター~乗鞍高原鶴ヶ池なのですが
なにせ10年以上前のサイクリングで登ったきりなのでコースはよく知りません
(ランで8年前に登ったけど雨で短縮コースだから参考にもならないしw)
なのでいつも通り適当に登って行きました
今回は、年齢ごとのグループスタートなのでいろいろな実力の人が入り混じってのレースでしたが
逆に同じぐらいのタイムの人が少ない為か、赤城や富士ほど混雑にはならずに結構すんなりと登っていくことができました
(途中で人についたり付かれたりしながら行けたしねw)
天候は晴れたり曇ったりで何もしないで待ってる分には寒いぐらいでしたが体を動かすにはちょうどいい気温でした
そうこうしている間にCP1の三本滝レストハウスに到着
ここでは1つ目の給水所があるのですが乗鞍は給水を手渡してくれるらしくみなさんノンストップで走っていました
(私は取りませんでしたが…)
ここからは乗鞍天空マラソンと同じコースなのですが
その時は雨で短縮コース…
しかも大雨で道路が川になってて景色も見えず、ただただつらいレースだったので
まともに下界が見えた「かもしかゲレンデ」ぐらいしか見覚えがありませんでしたw
と言ってもCP2の位ヶ原山荘までは周囲に木が多く眺望はよくなかったので覚えがないのも無理はないと思いました
Photo (cycle photo serviceより)
位ヶ原山荘からは徐々に周囲の木々の高さも低くなって行き
曇り空ではありましたが周囲の山々が見渡せる程度に視界は良好でした
残り3kmぐらいからは森林限界を感じられるほど周囲の視界が開け
山頂が目視できるほど眺めがよかったです
(裏を返せばこれから行かなければいけない距離が見えると言う事…)
2km (cycle photo serviceより、残り2kmぐらい)
十数年前の記憶だと、このあたりで雪解け水が路肩に流れ出してて浴びた記憶があったのですが
当時は7月中旬…今回は8月下旬と言う事もあり溶けてなくなったんだと思いちょっと残念でした
そして、距離を順調に縮めて行き
ゴール手前で有名な悪魔おじさんの声援を受けラストスパート!…と思って気合を入れて登ろうとしたのですが
そんなパワーがどこにも無かったのでおとなしくゴールしましたw
Photo_2 (cycle photo serviceより)
Cq6fxriueaajpgg
十数年前…
荷物満載のランドナーで国道が土砂崩れのために迂回路として4時間以上かけて登って
閉門で半泣きになりそうになりながら門の横の隙間を自転車(40kgぐらい)を持ち上げて通過した苦い思い出にようやくリベンジを果たすことができましたw
あまりもの不便さに大会自体は参加しないと思いますが
何も考えずにのんびりと過ごす避暑地としてはいいところだと思うので旅行で来たいと思いました( ^ω^ )

2016年8月 1日 (月)

伝説の戦士プリキュアに力を借りて日本一の山岳レースに挑戦してきた(第69回富士登山競走、キュアビューティの孤独な戦い)

どうも、みっちゃんです
本当なら去年、富士登山競走の山頂コースに挑戦するつもりだったのですがまさかの申し込み忘れ…w
今年は、何とか忘れないで山頂コースに申し込むことができました(*^ー゚)b
申し込めたのはいいのですが
前日、車中泊をするために道の駅「すばしり」に向かっているときから曇り空…
道の駅に到着すると周囲は濃霧(というか霧雨のような感じ)でした
明日の準備をしているときに霧も晴れ
明日は晴れてくれる事を願いつつ就寝しました

22日、3時起床
早いと思われるかもしれませんが
スタートが7時なので飲食物の消化の時間を考えるとこれぐらいの時間が妥当と思います
起きて外を確認するとあいにくの雨模様…
朝食を取りつつネットで天気予報の確認
雨雲レーダーの様子を見てると雨雲は局地的なものだったので
スタート時間までに雨が上がると信じて山頂コースの準備をしました
5時ごろに道の駅から指定の駐車場(鐘山スポーツセンター)に移動を開始
道中はすんなりと行けたのですが予想外に駐車場渋滞が長く駐車するまでに20分ほどかかり5:40ごろの到着となりました
そこから会場に向かうにはシャトルバスに乗るのですが雨にもかかわらず長い列…
略地図が結構近く書いてあったので長くても2kmやろ?と思いつつ歩いて富士吉田市役所を目指す事にしました(後々後悔することに…)
とりあえず傘は預けられないので雨の中ぬれながら会場に歩いていきました
2kmぐらい歩いても一向に雨は止みそうにない(むしろ強くなってる)ので防寒用に突っ込んできた袋(首と腕の部分に穴が開いてるやつ)を着て雨をしのぎながら行きました
結局、駐車場から会場までは約4kmで会場到着が6:30ごろで開会式が始まる直前でしたw
徒歩とは言え4kmも歩けばアップはばっちりなので
物陰に隠れつつすぐにプリキュアに着替え荷物を預けに行きトイレに行って約3分前に列に並ぶ事が出来ましたι(´Д`υ)アセアセ

7:00山頂コーススタート
あいにくの雨で五合目打ち切りとなりましたが来年以降の山頂コース申し込みにタイムが必要なので手を抜かずに頑張っていきました
前回参加したとき同様前半の傾斜の揺るやかなところでタイムを稼ぎ
馬返し以降の後半の山岳区間を粘ってゴールを目指すつもりでスタートラインを飛び出したのですが
山頂コース用に給水などを満載にしたウェストバッグ(キャメルバッグ・フラッシュフローLR)が跳ねる跳ねる…
すぐにスピードを押さえつつ問題解決に尽力したのですが
ウェストバッグの紐を締めると山頂に持っていくつもりでくくりつけた掛け軸が腰にダイレクトに当たり痛い
結局、左手でウェストバッグの紐を引っ張りつつ暴れないようペースを調整しながら走っていきましたorz
(おかげで前半のペースはボロボロ…)
浅間浅間神社の横を抜け6kmあたりの富士北麗公園付近でウェストバッグを放り出すと言う悪魔のささやきに心揺さぶられつつ
このあたりまで来ると傾斜がきついのでそんなに速くないしウェストバッグも大丈夫だろうと思い手を離して走ってみることにしました
https://www.youtube.com/watch?v=_WtZXkNeGPM&feature=youtu.be (6:37あたり)
それでも馬返しあたりまでは左手で支えたりしつつ走りました
馬返し通過57分11秒
前半がまともに戦えなかった事もあって過去の記録より4分ほど遅かったのですが
今回の状態から考えれば上出来でした
馬返しからはほぼ歩きとなるのでウェストバッグはまったく気になりませんでしたが
キャメルバッグの性質上、給水する場合自分で吸い出さないといけないので
登山区間で疲弊してるときには呼吸が乱れて意外と辛かったです
山頂コースは五合目コースと違いみなさん速いので私の走ってるあたりでもかなりの人がいて混雑しており
私は登山区間は苦手なので他の選手の邪魔にならないように出来る限り端を歩いて登っていきました
足元も悪く途中滑ったりつまずきながらも同じ人と何回も抜きつ抜かれつしながらみんなで五合目をめざしていきました
道中、ビデオカメラを持った外人さんがちらほらいたので何なのかな?と思っていたのですがどうやらこれっぽいです
https://m.facebook.com/stevie.kremer/posts/633706560123495(42秒あたり)
そして、五合目佐藤小屋に1時間47分53秒でゴール
2016072208475101(ランフォトより)
頑張って登って来ましたがそれほど足に疲労がたまっているわけでもなく
まだまだ余力はあったので山頂は目指すことができそうです
(空気の薄さでどうなるかはわかりませんが…)
申し込むのを忘れていなければ来年こそは山頂を目指したいです

そして、次の日のサイクルエンデューロin播磨中央公園 早朝版にはフローラで参戦…しようとしたのですが
大会運営からフローラヘルメットが駄目出しをくらい仕方がなく大会から借りたヘルメットで参戦しましたとさ
おしまい
(結果は2時間エンデューロで3kmコースを24周で41位でしたorz)

次回以降の予定
8月29日 全日本マウンテンサイクリングin乗鞍2016(艦娘、作成中)
9月3日 GSRカップ(2時間エンデューロ・チーム男子、キュアフローラ)
9月19日 2016年淡路島ロングライド150(キュアフローラ)
10月10日 舞鶴赤れんがハーフマラソン(ハーフマラソン公認の部、艦娘、作成中)

2016年6月28日 (火)

伝説の戦士プリキュアに力を借りてすいか・ながいもの名産地のマラソン大会を盛り上げてきた(第29回北栄町すいか・ながみも健康マラソン プリキュアたちの戦い)

どうも、みっちゃんです
毎年、お友達のプリキュアさんたちと参加してる「北栄町すいか・ながいも健康マラソン」に行ってきました
3回目ともなると既に恒例行事のような感じで
写真撮る人たちも「去年も一緒にとってもらったんですよ」とか
役員の撮影係のおじいさんには「今年もきたんか!写真頼むわなw」といわれる状態です( ^ω^ )
世を忍ぶ仮の姿で他のプリキュアと合流
あいさつを交わして私は先発の3km「コナンコース」のアップに行きます
アップしている時やスタートを待っているときは雨が軽く降っていたのですが
9:30の3kmの部が始まるころにはなんとか雨はやんでくれました(´▽`) ホッ
(私は雨天決行には慣れてますがほかのプリキュアさんが不慣れなので安心しました)
そして、予定通り3kmの部がスタート
最初はいつも通りスタートのごたごたで前に出るのに困っていましたが
100mほど走ると前がすいてくれたのでダッシュして先頭集団に追いつきました
沿道には見慣れたプリキュアさんチームがいたのでピースサインでアピールw
Clt0uzauyaafefj (スタートより300mあたり、プリキュアさんのtwitterより)
このあと、1kmぐらいまでトップ争いが続き
Clrihj7usaajxd9 (500mあたり、twitterより)
そうこうしてると1.3kmから丘を登る200mほどの上り坂に突入
ここで、他の選手に競り負けなければ勝機が見えるので負けないように頑張って登りました
13495183_1737649466491545_6162952_2 (2㎞付近、すいか・ながいも健康マラソンFacebookより)
残り1kmを切ったあたりで後ろから感じられる気配は1人…
「ここで、競り負けたらプリキュアの名が廃る!」と思いながら後ろを振り切りにかかりましたw
何とか最後の最後まで先頭を死守してゴール
Clt0ubfugaax7rb_2 (ゴール直前、プリキュアさんのtwitterより)
タイムは8分52秒でしたがここのコースは距離が短いので参考程度かな?と思います

そして、このあとすぐに3kmのランRUNコースのスタートに移動⊂二二二( ^ω^)二⊃ ブーーーン
ほかのプリキュアさんたちと再び合流して3kmを楽しく走ってきました
Clrnzkbukaakxu3 (twitterより)
ゴール後に皆さんと記念撮影をして時間をつぶしつつ表彰式に出席して北栄町の平和を守ってきました( ^ω^ )
Clt0uizvaae_kt7 (プリキュアさんのtwitterより)

北栄町から動画も上げられてました(プリキュアは40秒ぐらいから出てますw)
https://www.youtube.com/watch?v=rSyc8lZbHt8&feature=youtu.be&a

次回以降の予定
7月22日 第69回富士登山競走(山頂コース、キュアビューティ)
7月23日 サイクルエンデューロin播磨中央公園 早朝版(120分耐久レース、キュアフローラ)
8月29日 全日本マウンテンサイクリングin乗鞍2016(艦娘、作成中)
9月3日 GSRカップ(2時間エンデューロ・チーム男子、キュアフローラ)
9月19日 2016年淡路島ロングライド150(キュアフローラ)
10月10日 舞鶴赤れんがハーフマラソン(ハーフマラソン公認の部、艦娘、作成中)

2016年6月22日 (水)

伝説の戦士プリキュアに力を借りて富士ヒルクライムに挑戦してきた(富士の国やまなし第13回Mt.富士ヒルクライム キュアフローラの戦い)

どうもみっちゃんです
今回は国内最大級のサイクルイベントと名高い「富士ヒルクライム」と言う大会に参加してきました
http://www.fujihc.jp/
富士ヒルクライムとは調べてもらうと早いのですが…
富士北麓公園をスタート、富士山有料富士スバルラインをコースとし富士山五合目をゴールとする全長25㎞標高差1,270mの山を自転車で上るレースです
この大会、なぜ人気があるのかと言うと前日のサイクルエキスポ…
なのですが私は仕事の都合上いけませんでした(;ω;)
それどころか受付の時間も微妙なところ
頑張って車を走らせ事故による通行止めを乗り越え受付終了2時間前に付くことが出来ました
で、受付に行くとすでにサイクルエキスポは撤収中…( ´・ω・`)
特に何もなく受付だけを済まして
お風呂入ってコンビニ弁当食べて車中泊しました

試合当日、午前4時起床
前日、晩御飯を買うときに朝食のおにぎりを買おうとコンビニを数件回ったのですがすべて売り切れだったので近所のコンビニに直行!
時間が早かったので商品が入荷されているか心配でしたが棚いっぱいの食料が並んでてひとまず安心( ^ω^ )
スタート時刻は7:10からですが私が登録されているのは第15ウェーブ
5分ごとにスタートなので最初がスタートしてから1時間以上なのでゆっくりしててもいいのですが
6:10までに5合目行きの荷物の預かりが終了してしまうので
5:30ごろに駐車場を自転車で出発
初出場でどこに行けばいいのかわからなかったのですが
周囲にはたくさんの参加者がスタート地点目指して走っていたので迷うことはなかったです
途中、会場手前で渋滞が発生してなかなか進むことが出来ませんでしたが
なんとか6:00ごろに荷物を預ける場所に到着することが出来ました
荷物を預けると言っても係員に渡すわけではなくウェーブごとに区分けされたラックに自分で置いておくと言う簡素なものでした
荷物を置くと次は待機場所に移動します
これもウェーブごとに場所が違うので間違えないようにしましょう
(と、言っても計測チップで各個人計るのでどこに入っても問題はなさそうでしたが…)
待機場所でスタート地点移動まで待機…と言ってもまだ6:30知り合いを見つけて談笑したり他の参加者と記念撮影したりと時間をつぶしますw
8:00ごろになると待機場所からスタート地点へ移動開始
参加人数が多いにもかかわらず大変慣れているようでとてもスムーズにスタート地点まで行くことが出来ました
8:20第15ウェーブスタート
私は最後尾スタートの予定なので号砲が鳴っても待機
大体の選手がスタートを切ったのを見計らってからスタートゲートをくぐりました
5005590351314944(左の同じような頭の人はお友達のにこにー)
スタートして1kmはパレードラン(非計測)区間なのでゆっくりと走って最後尾まで落ちて行きますw
500mほど行ったところで自転車界で有名な「キクミミ」さんが橋の上で応援してたので合流
初音ミク(ミニベロ)・にこにー(ロード)・キュアフローラ(ママチャリ)と3人で最後尾あたりから計測区間に突入!
私は初参加と自転車になれてないので最初から頑張る方向で行ったのですが
開始5kmまで先行してたのですがキクミミさんに軽く抜かれorz
その後、すぐににこにーにも抜かれて頑張る作戦はあえなく終了orz
(付こうと努力はしましたが実力差がありすぎましたorz)
結局1人で登ってって行きました(;;;´Д`)
最後尾スタートだったので大体が追い越していくレースだったのですが
道中下山組が下ってきて方車線しか使えなかったり
抜いたり抜かれたりする選手で道幅いっぱいに広がっててあえ無く路肩(未舗装)を走行したりと結構気を使いました
そして、休憩の意味も込めて17.2kmの第2給水所の大沢駐車場で給水をもらおうとしたのですが
ペットボトルでの配給でコップorボトルを持ってないといけなかったので給水は断念orz
(富士登山競走のようにバケツに水が入れてあってひしゃくで給水できるのかと思ってたのが敗因)
給水所を歩いて抜け残り約7kmのために体力を回復させてからスタートしました
しかし、順調に登っていたのもつかの間…
19kmの山岳賞区間開始の手前でチェーンが脱落orz
路肩によって復旧させようとしたのですが人の切れ目がなく左側は断念
かと言って右車線は下山組みが下山中で不可能
仕方がなく様子を見ながら少しの間歩いていたのですが
埒が明きそうになかったので邪魔になりますが道路のど真ん中で手早くチェーンを復旧!再出発をしました
ここまできたらタイムを気にすると思うのですがスタート時刻もわからず
この先の所要時間もわからないのでゴールまで必死に登っていくだけ
ゴール手前まで緩やかなのぼりなので一気に加速できるのですが
最後の最後がのぼりで一気に減速w
周囲の選手とともにもがきながらゴールしました
4623340677890048
20160612100455
ゴール後は先に登られたキクミミさんやにこにーと合流
Ck8_r6jvaaeybpv(キクミミさんより画像をいただきました)
ちょっと会話をしてから荷物を回収して(時間が掛かるので)帰路に着きました
ちなみに結果は1時間31分52秒で惜しくもブロンズを逃しました(´・ω・`)ショボーン
Ck1ha4yveaemgszjpg_large
今回の反省点としては
カセットスプロケットのギアの選択ミスだと思います
カセットスプロケットを間違えたと言うわけではなく
私の自転車は11-36と言うマウンテントレイル用のものを使っているのですが
フロントシングルのため勾配のきついところの対策で使用してました
しかし、富士ヒルクライムはそこまできつい上りはなかったのですがいつの間にか36tを使っている状況だったので
それが原因でペースが上がらず90分切りを逃したのだと思います
次、参加するはわかりませんがキクミミさんやにこにーに少しでも長くついていけるように頑張りたいです
(3人一緒に上っていくとインパクトもあるしねw)

«伝説の戦士プリキュアに力を借りて会場の笑顔と優勝を守ってきた!その3(名和マラソンフェスタ2016、キュアサニーの孤独な戦い)

最近の記事

無料ブログはココログ