« 来年の身の振り方を考える | トップページ | 第6回さようマラソン&ウォークその後 »

2012年12月25日 (火)

伝説の戦士プリキュアに力を借りて洪水被害を受けた田舎町を笑顔にしてきた(第6回さようマラソン&ウォーク、キュアサニーの孤独な戦い)

どうもみっちゃんです。
最後の頼みの綱の自治体のイベント報告の画像でもUPされなかったのでおとなしく文字だけでレポートおば(*_ _)人ゴメンナサイ
今回「みんな笑顔でウルトラハッピー」にしてきたのは兵庫県の西部、佐用町は三日月です。
佐用町は平成21年の台風で激甚災害を受け兵庫県西・北部豪雨と呼ばれるぐらいひどかった地区です。(詳しくはwikiでw)
前日は、雨で天気予報によれば試合当日は「晴れ」と出ていたので気にしていなかったのですが深夜ごろまで降り続いたおかげで会場はぬかるんでいました。
ここで簡単にコースの説明を
http://latlonglab.yahoo.co.jp/route/watch?id=c93c3556885fe773eb5d157321820fd4
(ルートラボより)
佐用町立三日月中学校を出発、グランドを1週してコースへ
県道154号を北上し「サンホームみかづき」で第1折り返し
県道を南下し駅前商店街を抜け県道433号を北上
上本郷で第2折り返しをしてゴールへ向かうハーフマラソンです。
結果から言いますと他の人と自分の実力差がかなりあったらしく「ずっと俺のターン!」状態でしたm(. ̄  ̄.)mス・スイマセーン
みんながスタート地点に集まり始めてころを見計らってスタート後方のグランドの隅で「スマイルチャージ!」
(どうせスタート時に前方に並んで注目浴びるのにいつまでたっても恥ずかしさが抜けない)
横からそそくさと前のほうに乱入w
この大会は小学生の部があるので{プリキュアや!」とあちこちから子供たちに指を指されて笑われましたorz
格好はふざけて?ますが中の人は本気なのでスタートからダッシュ!
しかし学校のぬかるんだグランドではあまりグリップが効かず「ずるずる」でした。
(後ろの人は泥かぶって最悪だっただろうな・・・すみませんでした)
グランドを出ると先導は白バイ警官w周囲から見れば「なぜ?職質しない!」と思えるぐらい面白い風景だったと思いますwww
とりあえずこのコースは平坦な場所があまりない!(ルートラボの下のグラフで見てね)
中の人は、アップダウンが大の苦手(周囲からは「うそだ!」とよく言われますが)
長距離選手にしては体重が重いので坂は苦手です。(その分気力で補ってるw)
アップダウンに苦しみながらも淡々と距離を消化して行き、すれ違うランナーたちが手を振ってくるのでこちらも振り返したりして楽しんできました。
しかし、17km過ぎ駅前商店街の道に入る寸前、白バイが交差点の左右確認で速度を緩めた瞬間事件が起きました。
その一瞬をついてサニーが白バイをパス!
白バイはあわてて前に出ましたがこの瞬間「白バイに追われる変態の図」が完成www
その後、残り500mあたりで5kmの部の最後尾でみんなの走りを見守りながら走っているスーパー戦隊な方たちとすれ違い(すれ違いざまに「アーッ!」って叫ばれたが)
最後の坂を上ってる最中にウォークの部の人に「(サニーの中の人)男やん!」って叫ばれたりしつつ1時間10分7秒でゴール!
ラストに約10mぐらいののぼり坂があり最後ののぼりに対応できていなかったので課題が残った感じの試合内容でした。
それにしても関西はいいですねwこんな格好でも容赦なく笑い飛ばしてくれるやってるこちらとしてもうれしい限りですw
でもトップでゴールする瞬間、会場が( ゚д゚)ポカーンなのは何でだろう・・・。

« 来年の身の振り方を考える | トップページ | 第6回さようマラソン&ウォークその後 »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/587414/56394574

この記事へのトラックバック一覧です: 伝説の戦士プリキュアに力を借りて洪水被害を受けた田舎町を笑顔にしてきた(第6回さようマラソン&ウォーク、キュアサニーの孤独な戦い):

« 来年の身の振り方を考える | トップページ | 第6回さようマラソン&ウォークその後 »

最近の記事

無料ブログはココログ