« 伝説の戦士プリキュアに力を借りて忍者の里のマラソン大会を盛り上げてきた (2014伊賀上野シティマラソン プリキュアたちの戦い) | トップページ | 伝説の戦士プリキュアに力を借りて冬将軍の試練に立ち向かってきた(第7回城下町おおがき新春マラソン大会、キュアプリンセスの孤独な戦い) »

2014年12月21日 (日)

国際レースの参加資格をかけて県内のハーフマラソンを戦ってきた(第37回”日本のへそ”西脇子午線マラソン大会)

どうも、みっちゃんです

今回は、国際レース(びわ湖毎日マラソン、福岡国際マラソン)の参加資格である70分以内と言う記録の更新をかけてプリキュアや艦娘に力を借りずに世を忍ぶ姿で闘ってきましたw
一応、去年の鶴ヶ城ハーフマラソンの記録が有効なのですが毎年更新をかけておかないと直前になって公認のハーフマラソン大会を探すのが大変(;´Д`A ```
最近はどこのマラソン大会もフルマラソン化が進んでいて公認のハーフマラソンがかなり減ったような気がします
(フルでタイム出せるだけ強い人ならいいけど私はそうではないので大変w)
スポーツエントリーの検索機能で公認大会の選択はできるのですがネットで出来るだけたくさんの情報を調べています
(公認大会についてはこのサイトが詳しく書いてくれていますので参考までにどうぞhttp://net-rc.com/bible_02.html   )

さて、私が今回出場した西脇子午線マラソン大会ですが
日本陸連公認コースで主管が西脇市陸上競技協会
部門でも陸連登録の部があるので公認大会の条件は満たしておりしかもスタート前にはコールまでしてくれますw

スタート10分前にコールが開始され呼ばれるまで待っていました
何故かスタート前から去年の優勝者の人にチラチラみられてる気が(゚ー゚;
気のせいだと思ってその場は放置していましたw
5分ぐらい前に登録の部の選手は最前列で番号順に整列させられます
偶然、前列に去年の優勝者の人が並んだのでお話させていただいたのですが
「今日はランニングシャツなんですね…」とのお言葉を頂きましたw
(今日は公認記録更新おため…と説明させていただきましたwww)
私のような仮装ランナーでも楽しみにしてくれている人が居ることを実感させられました
数年前にこの大会には一度参加していることも有りアップダウンはあるけど70分切は可能なのは確認済みで
プログラムで去年の優勝者が70分を切っておりそれに着いて行けばいいか…程度に考えつつ

9:20ハーフマラソンの部がスタート
いつも通りスタートダッシュを決めるといつも通り何故か先頭へ出てしまいましたw
私の場合、ハーフマラソンは細かいこと考えて行くより
攻めて行っても70分切は出来るので
このままの位置で先頭集団を引っ張っていきます
2.5kmあたりまで後ろに2・3人ついてきているなと感じていたのですが
3kmあたりの軽い登りで更に絞られ去年の優勝者の人と2人だけになりました
その後、4kmあたりまで直ぐ後ろに居たのですが
徐々に気配がなくなって行ったので「やっと落ちてくれた…」と思いつつ
「ここからは軽い上りで折り返しまで行って帰りは下りや!」と思っていると
5.5kmあたりから覚えてるコースと違う方向へ( ・3・)アルェー
どうやら最近コース変更があった模様orz(前回出場が5年前)
Hesocorce
(過去のコース図、このコースのつもりで走ってたw)
20140829204522
(これが今年のコース図)
焦りつつもしっかりと先導車に付いていきますw
1人でトコトコ走ってると後ろから足音で察するに2人ほど追い上げてきた模様…
8kmあたりで集団になったのですが1人がすぐに脱落(見てないけどねw)
そのまま引っ張っていたのですが8.5kmで前に高校生ランナーに出られました
その後は後ろに付いて走っていたのですが
10km過ぎからのアップダウンで一気に離されてしまい終了orz
特にスタミナが切れたわけではないので自分のペースで様子を伺いつつ先頭を追っかけていきます
第1折り返しで折り返し離された上りを下ってる時にふくらはぎを釣り掛け始めました(;´д`)トホホ…
14kmあたりからは第2折り返しの方へと向かっていくのですが
そのコースが軽い上りorz
万全の体調なら前との距離を縮める絶好の勝負ポイントなのですが
ここでは完全に足が釣らないように軽くセーブしつつ追いかけます
第2折り返しを折り返す時に前との距離が分かるのですが100mぐらいの差がついていましたorz
登って来た分ここからは下りなので勢いに任せて下ろうとしたらまだ釣りそうだったので
ここは休んで下りきってからの残り約4kmに勝負をかけようと決めて行きました
このあたりで完全に先頭の選手が見えなくなってきていました
ここのコースは17kmで関門があるのでそこに時計が置いてあるのですが
通過した時が55分台…単純計算4.2kmは15分かからないので十分70分は切れる!と確信しつつ坂を下りきり
視界が開けた時に先頭との差は150mぐらい…
えらい差が付いてもたな(ノ∀`) と思いつつも追いかけていると
徐々に差が詰まってきている感じがしたので
追いつけないと思うけど最後の追撃モードへと移行!⊂( ^ω^)⊃
差がどんどん詰まっていくのは楽しいのですが結局追いつけず
先頭と11秒差の1時間9分35秒の2位でゴール

ゴール後優勝した高校生に「もうちょっと引っ張ってあげられたら良かってんけどw」と声をかけると苦笑いされましたwww

私たちぐらいのレベルの選手は試合会場に行くと
大体、高校生ランナーと競るのが普通なので
自分のベストタイムを出すのも大切ですが若い選手を育てて行くのも大切な使命だと思っています
そのためにも安定した良タイムで高校生に一目置かれる選手になり
レースでは前に出て引張ってあげたり後に付いて落ちないようにプレッシャーをかけたりできるような選手になりたいです

今年は調子が悪かったのですが最後の試合で納得できる走りが出来たのでよかったです

次回以降の予定

2015
1月3日 第7回城下町おおがき新春マラソン2015 (10km一般・高校の部 キュアプリンセス)
1月18日 第7回ままちゃり GP in 岡山 (チームがなぜか「マラソンサニーと愉快な仲間達」w)
1月25日 第37回 播磨町ロードレース (10kmの部、キュアハート)
2月8日 2015ユニセフカップ神戸バレンタイン・ラブラン (ファミリー3km個人の部 調整中)
2月22日 世界遺産姫路城マラソン2015 (フルマラソン 仮装するかは不明)

です

« 伝説の戦士プリキュアに力を借りて忍者の里のマラソン大会を盛り上げてきた (2014伊賀上野シティマラソン プリキュアたちの戦い) | トップページ | 伝説の戦士プリキュアに力を借りて冬将軍の試練に立ち向かってきた(第7回城下町おおがき新春マラソン大会、キュアプリンセスの孤独な戦い) »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

お久しぶりです。愛媛県松山市在住の「かずまる」です。

さて、今回の貴殿のブログで
「自分のベストタイムを出すのも大切ですが若い選手を育てて行くのも大切な使命だと思っています」
というところに、ものすごく貴殿の高い「志」を感じ、大変感動しております。

愛媛県では、2017年に愛媛国体が開催されるのですが、ご存知のとおり、本県の高校生のレベルは決して高いとはいえません。

ぜひ、貴殿に本県で走っていただき、ツイッターにありますとおり「地方のマラソン大会を(笑いで)盛り上げられるように」だけではなく、マジで我が愛媛県の高校生等、これからの若い世代の彼らに見せていただきたいと懇願するものです。

なお、愛媛県では毎年
10月第1日曜日に「今治シティマラソン」今治市、ハーフ、10キロ他
12月第1土曜日に「坊っちゃんランランラン」松山市、計測の部はハーフのみ
2月第1日曜日に「愛媛マラソン」フルマラソン  が開催されます。

ぜひ、ぜひ、貴殿(貴女?)に、我が愛媛県で「驚愕」の走りを見せていただきたく、改めてお願い申し上げます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/587414/60827504

この記事へのトラックバック一覧です: 国際レースの参加資格をかけて県内のハーフマラソンを戦ってきた(第37回”日本のへそ”西脇子午線マラソン大会):

« 伝説の戦士プリキュアに力を借りて忍者の里のマラソン大会を盛り上げてきた (2014伊賀上野シティマラソン プリキュアたちの戦い) | トップページ | 伝説の戦士プリキュアに力を借りて冬将軍の試練に立ち向かってきた(第7回城下町おおがき新春マラソン大会、キュアプリンセスの孤独な戦い) »

最近の記事

無料ブログはココログ