« 伝説の戦士に力を借りて(播磨町ロードレース大会、キュアハートの孤独な戦い) | トップページ | 新年度以降の予定 »

2015年2月26日 (木)

伝説の戦士プリキュアに力を借りて世界遺産のお城のグランドオープン記念のマラソン大会を盛り上げてきた(世界遺産姫路城マラソン2015 キュアビューティの孤独な戦い)

どうも、みっちゃんです
今回は、東京マラソンと同日開催の「世界遺産姫路城マラソン2015」に参加してきました
先日の事件の関係で
東京マラソンでは仮装に関しての制限が出ていましたが
姫路城マラソンでは受付けの時にも公式のホームページでも
そのようなアナウンスはなかったのでとりあえずプリキュアで戦いに行きましたw
(走ってる最中に同じランナーさんから被り物禁止とか注意されましたが無視しましたけどねw)

男性用更衣室は地下駐車場でゼッケンを見せて入るのは良いのですが
地下駐車場の出口からスタートの場所までに
一度、一般の人が出入りできる場所を通らないといけないので
アップ行くためだけにゼッケンを持っていかないといけないのがめんどくさかったです
(なのでアップは行ってませんw)
ちょっと早めに着替えて短い道路で軽くジョグをしていたのですが
神戸マラソンなどに比べて選手しか入れない場所が少なくてアップはしにくかったようですね
(大半の人は家老屋敷跡公園でアップをしてました)
整列は8:15からでしたが
Aグループは8:30頃に並びに行ってもまだ余裕がありました
(Aグループは少なめにしてたのかな?)
整列して待っているとセレモニー開始の直前に雨足が少しきつくなってきました(;;;´Д`)
この日は冬にしては風もなくかなり暖かい方だったので
待っていてもあまり辛くはなかったのが救いでした
順調にセレモニーが進行しているうちに雨足もかなりマシになりほとんど気にならなくなるぐらいになりました

9:00フルマラソンの部がスタート
今回は整列しやすかったので前の方を陣取ったおかげですぐに先頭集団につくことができました
実業団の方も最初のうちは様子見でスローペースで行ってくれたので
迷わず行けるところまでついていく事に┗(^o^ )┓三
とりあえず3kmまではついて行けたのですが
先頭がそこからペースアップしたようで私1人だけ置いていかれる羽目に…
しばらく1人で走っていると4.5kmあたりで後ろから抜きに来る選手が1人
丁度いいや♪と思いこの選手と一緒にレースを進めて行きました
街中を抜け夢前川沿いに出たとき(7kmあたり)に遥か彼方に知り合いのランナーさんがいるのを発見!
「あれについていけたらいいのだけどいくらなんでも無理だろうな…」と考えつ走っていくと
徐々に差が詰まっていくのが実感でき
「あれ?あの人ペース落ちてるんじゃない!?」と思ったので
「集団で行ったほうが楽だろうし頑張って追いつくか!」と無理のない範囲で頑張って追いかけました
11kmあたりでようやく前に追いつき、挨拶を交わして集団で行きました
しかし、付いていけたのもつかの間2kmほどで脱落しちゃいましたorz
(自分のラップタイムを見るとこのあたりから落ちてきてる…)
最終的にはここから最後までずっと1人で走ることになりました
14km過ぎから県道に別れを告げて細い路地に入っていったのでビックリ
村のなかを通り抜け畑の中の道を北に向かって走って行くと
折り返した先頭集団が右手に見えてきました(差は約1km)
塩田温泉の折り返しが約16kmまだまだ半分も走っていませんが
かなり余裕があり疲労も感じられなかったので
今回はまだ戦えると思いながら夢前川を下って行きました
Banbrecmaaigw8 (twitterより 18.5kmあたり)
1人でとぼとぼ走ってると20km手前で4人の集団に抜かれ
タイムを考えると付いて行った方が良いけど自分の場合は後半がダメなのでおとなしくマイペースで行くことを決意
20kmの給水の所で「ゆず茶有ります」と書かれた給水テーブルが有ったので
給水にちょうどいいやと思いつつ次のテーブルのやつを取ったら甘酒Σ(゚д゚;)
ゆず茶と思っていたので一瞬、吹きそうになりましたw
(この大会では水と書かれた紙コップにスポーツドリンクが入ってたとかありましたけどねw)
ハーフの通過が1時間17分30秒
ここにきて初めてタイムを気にするようになりました
ただ、キツイからどうレース展開をするか?と言う訳では無く
このタイムでこれだけ余裕があるんだなと言う確認の意味でした
この時点ではこのまま最後まで行けるかな?と思っていましたが本当の試練はここからでした
24kmあたりから身体はまだ動いてるのになんだか寒気がしてきました
多分、雨でぬれた腕カバーと手袋で冷えてるんだろうな…程度にしか考えてはいませんでしたが
徐々に足取りが重たく感じ始めて27kmあたりで結構つらい状態になってきました
Bazuwrcmaazxsl twitterより 26kmあたり、この先の橋で川の西岸に行きます)
26kmあたりから住宅街の横を走るので応援がすごくて元気はもらえるのですが
ペースは徐々に落ちてい行きました
(沿道の奥様方からビューティ必死!と言われちゃいましたw)
この時点でペース配分が悪かったのか?とか考えましたが
ペースはかなり抑えて来たので最後まで持つだろうと思いつつレースを進めていきましたが
29kmあたりからは全く足が動かなくなりジョグの状態でした
30kmあたりからは川沿いのサイクリングロードを行くのですが
道幅が2m程しかなく2車線道路からサイクリングロードに入る90°のカーブがやたらきつく感じられたので後方の集団で走っている人にはつらいかと思います
サイクリングロードに入ると道幅が狭いので沿道の応援のすぐ横を走ることになります
開催前はこんなに狭い所で大丈夫かな?と心配をしていましたが
時期的に桜の花は咲いていませんが沿道からの応援も途切れることなくコース上で一番華やかな場所でとてもよかったです
沿道からの応援で気持ちはまだ楽なのですが足はどんどん動かなくなっていきました
32kmあたりで女子の先頭に抜かれ
「これに付いて行かないと2時間40分は切れない!」と思い必死の思いで付いて行こうとしたのですが
その意思に反して足は動かずそのままのペースを維持するのが精いっぱいでした
そこからは、どれだけの人数に抜かれようが必死に3時間以内のゴールを目指すと言う方向に目標を変え黙々と走っていました
Bagutxcuaa637z (twitterより 34kmあたりかな?かなりバテてるところ)
しかし、そこで転機が訪れます
34kmあたりで特に深い意味もなかったのですが気分を変えるために
お守りの為に持っていた「パワージェル」を食べ
水が欲しいな…と思いつつ35kmあたりの給食のバナナ(半分)を食べ
(バナナにあまり甘さが無くパワージェルで甘ったるかった口の中が逆にすっきりとしたw)
ゆっくりとしたペースで走っていると
37kmあたりからなんだか徐々に足が動いてる気がしてきました
「分からないので無理しない程度で前を追いかけてみよう」と意識してみると
それまではどんどん離されるor抜かれるだけだったのですが
差が変わらないどころか徐々につまってくるキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!
はい、後半のペースがガタ落ちだったのはハンガーノックのせいだと言う事が分かりました
「これは行ける!」と思い、ここから一気にモチベーションが上がって追撃モードに
ペース配分はめちゃくちゃでゴールタイムも予想できないけどここからが勝負!と思って走りました
40km通過が2時間41分51秒で
「1km/4分で走れば50分切りワンチャンあるかも」と思いペースを上げようとした瞬間、左足がつりましたw
200mほどもがきながら走ると症状はよくなりペースを上げても大丈夫だったので再び追撃開始!
前の選手との差がなかなか縮みませんでしたが
姫路城に入る手前辺りから完全に射程圏内に入り
「最後にラストスパート決めても絶対抜く!」と心に決めて
桜門橋でスパートのダッシュをしました
94d3f409 (twitterより 41.5kmあたり前との差を詰めるべく力走!)
しかし、ここで大誤算がw
私は大手門に入ってすぐにゴールだと思っていたのですが
コースは三の丸広場をぐるっと回ってお城を背にゴールと言うコース( ´,_ゝ`)
場内に入って42kmの看板を見た時には「やってもたwマジか!」と思いましたwww
でも、給食のおかげで足が動く状態だったので軽くペースを落として
最後の直線で再びスパートをかけることが出来ました(場内に入ってから3人抜き)

ゴールタイムは2時間51分6秒で全体で52位で決して良いタイムとは言えませんが
今までで一番フルマラソンを楽しめたと思います

私は今までペース配分が悪いから後半失速しているのだと思っていたのですが
どうやらハンガーノックによるガス欠が原因なのかも?と言う事が分かりました
それまでは、知識・経験ないけれどキャラとハートがおおまかカバー…じゃなくて
今までが知識と経験がないので数をこなして経験を積めば走れてきたので
フルマラソンも同じようにやればできるようになるだろうと思っていましたが
(過去に給食なしで2時間30分出したことも悪影響)
どうやら自分の場合はしっかりとエネルギーチャージを考えてレースを組み立てないといけない身体なのだと実感させられました
次はどこのフルマラソンに参加するかはまだ決めていませんが
自分自身の記録がまだ伸びる可能性が出てきたので
「なんかオラわくわくすっぞ!」ですwww

追記
今回はキュアビューティさんで戦いに行きましたがもう2年以上前のプリキュアにもかかわらず
沿道の子供たちが分かってくれたのが以外でとてもうれしかったです
ゴール後インタビュー受けてる時も子供さんが「プリキュア~!」と手を振ってくれて
記者の方に「人気者ですね」とい言われたのもいい思い出です

« 伝説の戦士に力を借りて(播磨町ロードレース大会、キュアハートの孤独な戦い) | トップページ | 新年度以降の予定 »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

いつも陰ながらご活躍をお祈りしております。

それはそうと、今回のシューズ、ゲルフジアタック3ですよね。
あんな硬くてアウトソールがもさもさしたトレランシューズで2時間50分ですか。
弘法筆を選ばずというのか、シューズなんて飾りですえらい人にはわからんのですというのか
正直驚嘆しました。
みっちゃんさんだったら、ゲルカヤノで2時間半出せるんじゃないですか?

>とおりすがりさん
コメントありがとうございます
こんな画像でよく靴の種類までわかりますねΣ(;・∀・)
私は靴のことに関しては疎いのであまり気にはしませんねw
(あまりソールが固いとダッシュができなくて困りますがw)
過去にゲルフェザーで2時間35分台で走ったこともありますが
私の場合、体重が重いのでソールが少し厚めの方が後半まで足がもつ気がします
安定して走れるハーフで使ってみた感想としては
フル3~4時間あたりのおすすめのシューズまでは70分切って走ることができました…ご参考までに(^-^;


コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 伝説の戦士に力を借りて(播磨町ロードレース大会、キュアハートの孤独な戦い) | トップページ | 新年度以降の予定 »

最近の記事

無料ブログはココログ