« 2015夏のツーリング(と言う名の遠征) その3日目(第33回湯沢七夕健康マラソン大会、キュアプリンセスの孤独な戦い) | トップページ | 2015夏のツーリング(と言う名の遠征) その5日目(トレイルランナーズカップ静岡、キュアラブリーの孤独な戦い) »

2015年8月17日 (月)

2015夏のツーリング(と言う名の遠征) その4日目(野沢トレイルフェス、キュアラブリーの孤独な戦い)

どうも、みっちゃんです
夏のツーリング4日目、第2試合目 野沢トレイルフェスです
前日、頑張って秋田は湯沢から約400kmを11時間ぐらいかけて大移動!
いつも通り、道の駅で野宿して試合の朝を迎えました…

8月8日
ゆっくり寝ていたかったのですが明るくなってきたのと周囲が騒がしくなってきたので6時ごろ起床
ちょと周囲をうろうろしてからコンビニへ朝ごはんを買いにバイクでひとっ走り
今回はスタートが午後からと言う事も有り
お昼ご飯が食べられないので朝はしっかりと食べておきます
と言う事で、ツーリング恒例の飯盒炊爨!
Cl1qyk2uwaavrez (朝ごはんは、炊き立てのご飯と漬物・味噌汁が最高の贅沢)
ご飯と食べて片付けをしても、まだ8時…
時間にはかなり余裕があるので北陸新幹線の飯山駅を見に行くことにしました
昔、青春18きっぷで飯山線に乗車したことがあったので
どんな感じに変わったのか?気になったので行ってみるとそこには駅がない!?(A;´・ω・)アセアセ
新幹線の新駅の関係で在来線の駅も西に300mほど移動していました
併設されていた観光案内所も駅舎内に設けられ落ち着いた雰囲気の素敵な空間になっていました(肝心の電車の本数は少ないですが…)
Kimg0457
そのあとは長野電鉄、木島駅(2002年廃駅)に10年ぶりぐらいに訪れ駅舎の現存を確認w
Kimg0458
電車は廃止になりましたがバスの待合室として使用中
線路跡はソーラー発電の場所になってました
それでも時間が余ったので近くのローソンを回ってプリキュアのスタンプラリーをしてから会場へ!
とりあえず駐車場にバイクを止めて装備一式を持って
細かい説明を見ずにメイン会場の日陰ゲレンデへ…
会場について受付をしようとしたら受付場所が無くここで初めて送られてきた封書に目を通すw
どうやら受付場所は駐車場近くのゴンドラ乗り場(長坂駅)で行われている模様orz
あわててシャトルバスに乗って受付場所へ
時間には余裕があったので特に問題はなかったのですがトレイル自体慣れていなかったので焦りました(^-^;
受付でゼッケンをもらって説明を受けて準備をします
説明によれば「スタート地点の上ノ平で荷物の預かりは無いので競技服装で来てください」との事
さらに放送では「スタート前になるとゴンドラが込むので早めに移動してくださいと言っていました」( ^ω^ )
駐車場の片隅でキュアラブリーに変身!
しかし、周囲を見るとハイドレーションシステムを装備している人が大半…
前半、下りなので抑えて行けば持つだろうと思っていたのですが
一応、保険としてウェストポーチに500mlのペットボトルを突っ込んで持っていくことにしました
(ラン用のウェストポーチなんて持ってきてないので普段使ってる普通のやつで対応しました)
準備が出来ればゴンドラ乗り場へ…
はい、仮装の選手は私以外居なかったのでめっちゃ見られましたw
ゴンドラでの移動時間は15分ぐらい
上にあがったゴンドラの駅前がスタート地点でした
スタートまでは1時間ちょっと
周囲をぶらぶらとして時間とつぶしつつ参加者のみなさんと記念写真を撮りつつ過ごしました
高速道路で事故による渋滞でスタート時間が15分遅れると言うハプニングがありましたが
スタート前にコースの説明を受け
Nozawa_0050 (大会のサイトより、小さいですが真ん中あたりで立って説明を聞いてますw)

13時30分 ロングの部がスタート
Nozawa_0068 (大会のサイトより、真ん中あたりの左端に居ます)
トレイルなのでいつもよりちょっと後ろの方からスタートしたのですが
スタートして300mほどでトレイルコースに突入するので
下りで渋滞すると危険なのでスタートダッシュで前のすいている所に突撃しました

スタートしてなんですがここでこの大会のコースの説明を…
Nozawa_kosu (緑が私の走ったロングコース28kmです)
スタートがゴンドラのやまびこ駅
上ノ平高原を1周4kmぐらいで100mぐらいのアップダウンして本格的なダウンヒル
7kmぐらいで700mぐらい下ってゴールの日陰ゲレンデ前を通過
40mぐらい上って150mぐらいを下り
14kmからの「信州三大修験道」のひとつらしい小菅神社の参道を上って下って
下山したら22kmぐらいから来た道を戻っていき日陰ゲレンデを下ってゴールと言うコースです
(詳しくはこのサイトを見てもらえればわかりやすいと思いますhttp://www.mtsn.jp/cl_record/detail.php?id=3185

舗装路からトレイルに入るまでに空いた位置に付けたとはいえ1列に並んでいる状態でのトレイルなので走りにくい…(゚ー゚;
付いて行くのが大変なところなども有りましたが迷惑がかからないよう出来る限り付いて行き
舗装路(と言っても500mほどしかありませんが)に出てからの上りである程度周囲に人がいない位置でレースを進めて行きました
再びトレイルコースに入ってスタート地点付近まで登っていきます
この時点でもう必死で何人に抜かれて順位が何位とか全く分からない状態です(-ε-)
4kmあたりから下りに入ってここからは11kmあたりの日陰ゲレンデまではずっと下り
これで少しは休める…と思っていたのですがそうはうまくは行きませんでしたorz
過去に出場したトレイルジャムぐらいのコースを想定してロングコースに申し込んだのですが
それ以上に勾配がきつく足元が悪い
下りのスピードを抑えるだけでかなり脚を使うコースで
初出場でコース自体を知らないので勢いよく下りに突っ込んで行ってかなり後悔させられました
(途中、下りの勢いが付きすぎてコースを曲がりきれずコースアウトしかけた時に転んで対応するぐらいきつかった…)
11828808_1617495818526272_391422099 (主催者さまのブログより、コースの様子)
後悔しても仕方がないので、そのままの勢いで突っ込み必死にスピードを制御
日陰ゲレンデまで下った時には脚はガクガクであまりの大変さにロングコースに申し込んだことをかなり後悔しましたw
そこからは、下りは緩やかになり今までの様に必死に抑えなくてもよくはなりましたが
脚をかなり使ってしまったので軽い下りでもペースが上げられずトボトボとしか走ることが出来ませんでした
(その代り緩やかな上りは逆に走り易かったですが…)
11km過ぎからはキツイのぼりに関しては完全に徒歩で対応
13kmの給水では完全に足を止めて水・スポーツドリンク・コーラ各1杯飲んで
その先のホースでウィッグ内に水をかけてもらい後半戦に向かいました
(ウィッグに水をかけてもらうとき係の人に「本当にいいんですか?」と念押しされたw)
前半戦もキツかったのですが
後半も小菅神社の山を約500m上って下りゴールまで行かないといけないので気を抜けません
給水地点を過ぎ軽くアップダウンをこなし15kmあたりから北竜湖のほとりに出ました
このあたりは下は砂利道なので走りにくく両端の狭い草地を選手は走っていきます
ここは平坦なので走り易く他の選手を追い越したり差を詰めることが出来たのでよかったです
湖を離れてからは修験道の石畳がスタート…
石畳と書いていますがごつごつした石を敷き詰めてるだけなのでとても走りにくく
横の側溝のふたの上を走っていきました
17kmあたりからは石段がスタート
11035688_1617495911859596_377010131 (主催者さまのブログより、コースの様子)
19kmまではきつい上りで途中に鎖場があるので余計に大変でした(@Д@;
個人的に上りは弱いと思っていたのですが以外にも前の選手についていけたのが気分的にも少し余裕が出来たのが良かったです
このあたりから非常用として持ってきた500mlの水を消費し始め下山するころには空になっていたので持ってきていてかなり助かりました
小菅神社で湧水があり給水と頭部の冷却をして
のぼりは神社までだと思っていたので「ここからは下りだ!」と喜んでいたら
まだまだのぼりが続いていたので心が折れそうでした
山を登りきれば後は下りなのですが
上ってきたときと同じぐらいの勾配なので疲れ切った足には辛すぎて下りなのに走れないというもどかしい状態が2kmも続きました
(階段を木で作っていたのですが腐っていて駆け下りようとしたら割れたとか言う事も有りました)
その中を駆け下りていく選手…付いて行きたいのは山々ですが
今の状態でキツくて細い下り坂を駆け下りれば生きて下山できる自身が無かったのでおとなしく見送りました
下山が終了して往路でも通った林道を通り
22kmあたりで柄杓を持った係の人がいたのでここでも頭から水をかぶり
24kmで往路と同じ給水場所で給水と水をかぶり
普段なら走って登れそうな舗装路も歩きと走りを混ぜながら進んでいきます
25kmあたりのコース横の湧水でペットボトルに給水
そのあとは、ゴールの日陰ゲレンデまでノロノロと走り
残り約1kmからは最後のゲレンデの下り
前半ほど勢いはないもののスピードを殺すだけの力も残っておらず制御するのが大変でした
そして、無事下り終えてゴール!…と言いたい所でしたが
ちょうどゴール前では小学生の部のトレイルのレースが開催されている時間だったので
小学生がスタート位置に一列に並んでおり通り道が無いorz
近くの係の人に「すみません、ゴールどこですか?」と聞いていると
小学生たちが端っこを開けてくれたので無事ゴールが出来ましたw
(うちが坂を下ってきたときには小学生たちが( ゜д゜)ポカーンとしていたのは秘密です)
ゴールタイムが2時間39分52秒で総合16位、年代別4位と言う結果でした
Cl4buweveaagasv

トレイル自他は経験が少ないのでこのタイムが良いのか悪いのかはわかりませんが
今回、出場してみて分かったことは自分はトップグループとの違い下り坂の処理の仕方が下手と言う事です
トップグループはかなりのスピードで下っているにも関わらず制御が出来てるし後半の上りの力も温存できてるので
私の様に下りで無理やりスピードを抑え込んでるのじゃなくうまく受け流しているのだと思います
ロードにはトレイルのような激しいアップダウンは有りませんがフルフラットなコースなんて少ないので
こう言う下りの処理の仕方は身につけておいて損はないと思います
どうすれば身に付くかはわかりませんがやはり数こなさないといかないのかな…
それと前日キュアプリンセスで学んだ頭部の発熱問題は水をかけることで何とか防ぐことができました
しかしながら根本的な解決ではないので夏場は距離を抑えるか活動を自粛する方が無難化と思います
みんなも無理しない程度にレースを楽しみましょうね
プリキュアとの約束だよ♪

そして、翌日の試合に向けて野沢温泉を18時に出発!
本当なら費用を抑えて下道で行きたいところなのですが
時間があまりにもないので高速道路で豊田飯山IC→甲府昭和ICまで乗車
途中、諏訪湖で晩御飯を食べつつ今夜は健康ランドあたりで宿泊するかと思い検索
甲府にある健康ランドに行ってみたのですが早い企業ではお盆の休暇に入っている為かどうみても駐車場が満車だったので
仕方がなく近くのスーパー銭湯に入り
コンビニで翌朝のご飯を買って
涼を求めて道の駅「朝霧高原」で野宿しました

5日目に続く

« 2015夏のツーリング(と言う名の遠征) その3日目(第33回湯沢七夕健康マラソン大会、キュアプリンセスの孤独な戦い) | トップページ | 2015夏のツーリング(と言う名の遠征) その5日目(トレイルランナーズカップ静岡、キュアラブリーの孤独な戦い) »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

こんばんわ。
現在松山市内で12月5日(土)に開催される「坊っちゃんランランラン」のエントリー中です。
こちらは、ハーフ(午前の部と午後の部の2回)と10キロがあります。

あなとの能力であれば、前回大会では、2位に2分以上の差をつけてぶっちぎりの優勝が狙えるものと思われます。

ご都合がよろしければ、ぜひご参加いただき、低迷する愛媛の長距離界にカツを入れていただきたいと、お願い申し上げます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/587414/62093241

この記事へのトラックバック一覧です: 2015夏のツーリング(と言う名の遠征) その4日目(野沢トレイルフェス、キュアラブリーの孤独な戦い):

« 2015夏のツーリング(と言う名の遠征) その3日目(第33回湯沢七夕健康マラソン大会、キュアプリンセスの孤独な戦い) | トップページ | 2015夏のツーリング(と言う名の遠征) その5日目(トレイルランナーズカップ静岡、キュアラブリーの孤独な戦い) »

最近の記事

無料ブログはココログ