« 伝説の戦士プリキュアに力を借りて会場の笑顔と優勝を守ってきた!その3(名和マラソンフェスタ2016、キュアサニーの孤独な戦い) | トップページ | 伝説の戦士プリキュアに力を借りてすいか・ながいもの名産地のマラソン大会を盛り上げてきた(第29回北栄町すいか・ながみも健康マラソン プリキュアたちの戦い) »

2016年6月22日 (水)

伝説の戦士プリキュアに力を借りて富士ヒルクライムに挑戦してきた(富士の国やまなし第13回Mt.富士ヒルクライム キュアフローラの戦い)

どうもみっちゃんです
今回は国内最大級のサイクルイベントと名高い「富士ヒルクライム」と言う大会に参加してきました
http://www.fujihc.jp/
富士ヒルクライムとは調べてもらうと早いのですが…
富士北麓公園をスタート、富士山有料富士スバルラインをコースとし富士山五合目をゴールとする全長25㎞標高差1,270mの山を自転車で上るレースです
この大会、なぜ人気があるのかと言うと前日のサイクルエキスポ…
なのですが私は仕事の都合上いけませんでした(;ω;)
それどころか受付の時間も微妙なところ
頑張って車を走らせ事故による通行止めを乗り越え受付終了2時間前に付くことが出来ました
で、受付に行くとすでにサイクルエキスポは撤収中…( ´・ω・`)
特に何もなく受付だけを済まして
お風呂入ってコンビニ弁当食べて車中泊しました

試合当日、午前4時起床
前日、晩御飯を買うときに朝食のおにぎりを買おうとコンビニを数件回ったのですがすべて売り切れだったので近所のコンビニに直行!
時間が早かったので商品が入荷されているか心配でしたが棚いっぱいの食料が並んでてひとまず安心( ^ω^ )
スタート時刻は7:10からですが私が登録されているのは第15ウェーブ
5分ごとにスタートなので最初がスタートしてから1時間以上なのでゆっくりしててもいいのですが
6:10までに5合目行きの荷物の預かりが終了してしまうので
5:30ごろに駐車場を自転車で出発
初出場でどこに行けばいいのかわからなかったのですが
周囲にはたくさんの参加者がスタート地点目指して走っていたので迷うことはなかったです
途中、会場手前で渋滞が発生してなかなか進むことが出来ませんでしたが
なんとか6:00ごろに荷物を預ける場所に到着することが出来ました
荷物を預けると言っても係員に渡すわけではなくウェーブごとに区分けされたラックに自分で置いておくと言う簡素なものでした
荷物を置くと次は待機場所に移動します
これもウェーブごとに場所が違うので間違えないようにしましょう
(と、言っても計測チップで各個人計るのでどこに入っても問題はなさそうでしたが…)
待機場所でスタート地点移動まで待機…と言ってもまだ6:30知り合いを見つけて談笑したり他の参加者と記念撮影したりと時間をつぶしますw
8:00ごろになると待機場所からスタート地点へ移動開始
参加人数が多いにもかかわらず大変慣れているようでとてもスムーズにスタート地点まで行くことが出来ました
8:20第15ウェーブスタート
私は最後尾スタートの予定なので号砲が鳴っても待機
大体の選手がスタートを切ったのを見計らってからスタートゲートをくぐりました
5005590351314944(左の同じような頭の人はお友達のにこにー)
スタートして1kmはパレードラン(非計測)区間なのでゆっくりと走って最後尾まで落ちて行きますw
500mほど行ったところで自転車界で有名な「キクミミ」さんが橋の上で応援してたので合流
初音ミク(ミニベロ)・にこにー(ロード)・キュアフローラ(ママチャリ)と3人で最後尾あたりから計測区間に突入!
私は初参加と自転車になれてないので最初から頑張る方向で行ったのですが
開始5kmまで先行してたのですがキクミミさんに軽く抜かれorz
その後、すぐににこにーにも抜かれて頑張る作戦はあえなく終了orz
(付こうと努力はしましたが実力差がありすぎましたorz)
結局1人で登ってって行きました(;;;´Д`)
最後尾スタートだったので大体が追い越していくレースだったのですが
道中下山組が下ってきて方車線しか使えなかったり
抜いたり抜かれたりする選手で道幅いっぱいに広がっててあえ無く路肩(未舗装)を走行したりと結構気を使いました
そして、休憩の意味も込めて17.2kmの第2給水所の大沢駐車場で給水をもらおうとしたのですが
ペットボトルでの配給でコップorボトルを持ってないといけなかったので給水は断念orz
(富士登山競走のようにバケツに水が入れてあってひしゃくで給水できるのかと思ってたのが敗因)
給水所を歩いて抜け残り約7kmのために体力を回復させてからスタートしました
しかし、順調に登っていたのもつかの間…
19kmの山岳賞区間開始の手前でチェーンが脱落orz
路肩によって復旧させようとしたのですが人の切れ目がなく左側は断念
かと言って右車線は下山組みが下山中で不可能
仕方がなく様子を見ながら少しの間歩いていたのですが
埒が明きそうになかったので邪魔になりますが道路のど真ん中で手早くチェーンを復旧!再出発をしました
ここまできたらタイムを気にすると思うのですがスタート時刻もわからず
この先の所要時間もわからないのでゴールまで必死に登っていくだけ
ゴール手前まで緩やかなのぼりなので一気に加速できるのですが
最後の最後がのぼりで一気に減速w
周囲の選手とともにもがきながらゴールしました
4623340677890048
20160612100455
ゴール後は先に登られたキクミミさんやにこにーと合流
Ck8_r6jvaaeybpv(キクミミさんより画像をいただきました)
ちょっと会話をしてから荷物を回収して(時間が掛かるので)帰路に着きました
ちなみに結果は1時間31分52秒で惜しくもブロンズを逃しました(´・ω・`)ショボーン
Ck1ha4yveaemgszjpg_large
今回の反省点としては
カセットスプロケットのギアの選択ミスだと思います
カセットスプロケットを間違えたと言うわけではなく
私の自転車は11-36と言うマウンテントレイル用のものを使っているのですが
フロントシングルのため勾配のきついところの対策で使用してました
しかし、富士ヒルクライムはそこまできつい上りはなかったのですがいつの間にか36tを使っている状況だったので
それが原因でペースが上がらず90分切りを逃したのだと思います
次、参加するはわかりませんがキクミミさんやにこにーに少しでも長くついていけるように頑張りたいです
(3人一緒に上っていくとインパクトもあるしねw)

« 伝説の戦士プリキュアに力を借りて会場の笑顔と優勝を守ってきた!その3(名和マラソンフェスタ2016、キュアサニーの孤独な戦い) | トップページ | 伝説の戦士プリキュアに力を借りてすいか・ながいもの名産地のマラソン大会を盛り上げてきた(第29回北栄町すいか・ながみも健康マラソン プリキュアたちの戦い) »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/587414/63805157

この記事へのトラックバック一覧です: 伝説の戦士プリキュアに力を借りて富士ヒルクライムに挑戦してきた(富士の国やまなし第13回Mt.富士ヒルクライム キュアフローラの戦い):

« 伝説の戦士プリキュアに力を借りて会場の笑顔と優勝を守ってきた!その3(名和マラソンフェスタ2016、キュアサニーの孤独な戦い) | トップページ | 伝説の戦士プリキュアに力を借りてすいか・ながいもの名産地のマラソン大会を盛り上げてきた(第29回北栄町すいか・ながみも健康マラソン プリキュアたちの戦い) »

最近の記事

無料ブログはココログ